そこぃらのツマラんブログに岳は成りたくないと足掻き続ける活字の詩(しらべ)

リアル脱出ゲーム

今晩は。
最近寝坊することが増えつつある僕です。いやぁ、申し訳ねぇ。



それはGW中に介護施設へ面会に行った時のこと。約1年ぶりに行くので行く前に母に

「おばさんの部屋何処だっけ?」

と尋ねると

「前に行った時は2階の部屋だったよ。」

と教えてくれた。
施設に入って受付窓口の方を向くと閉まっていて誰も居ない。GWだからしょうがないかと思い、エレベーターで取り敢えず2階へ。

2階に降りると何故かフロアが真っ暗。奥に行こうにも、目の前と左側がバリケードで囲われ通れない。続いて右を見ると厚く重そうなドア。カードキー式になっており勿論開かない。後ろを振り返って再度エレベーターに乗ろうにも、△▽(上昇・下降)が押せない。入所者が他階に出られなくしてあるのだ。そう言えば此処に来る時に先ず上にある□ボタンを押してから△を押したんだった。思い出したわ。早速□ボタンを押そうとするが‥駄目っ…!金属製の箱で覆われておりご丁寧に鍵まで付けられている。ただでさえ高い位置に在るというのに、何と余念の無い事か。こうなったら携帯で施設に電話して状況を説明して助けて貰おう…あれ、圏外だ。

これはひょっとして、まさかのいわゆる閉じ込められたと言うやつか。昔何かの本で読んだことが有る。



それはさておき、どうしよう。

「すみませーーん!」

大声を出してみるが無反応。前と左のバリケードをどかせなくも無いが、室内に階段も無いし、暗いフロア内を歩き廻るのは明らかに不審だ。
再度右の扉を開けようとしてみる。やはり無理だ。

最後に後ろ…よく見ると金属の箱に小さな穴が。指は入らないが、あそこに何か細長い物を挿し込めば□ボタンが押せる!幸い僕の携帯はガラケーなので、ワンセグを見る為のアンテナが付いている。これを伸ばして突っ込めば…押せた!あぁ神様はどんな時にも決して八方塞がりにはなさらないんだなぁ。と思った瞬間でした。当分スマホにはしないぞ。


こうして僕は何事も無かったかのように入口に戻って来た。そして受付窓口に近寄ると小さな紙きれが。


「御用の方は必ず3階へお越しください」


気付くかよッ!せめて置くんじゃなくて窓口に貼り出しといてくれ!!
2014年05月14日 | コメント(0)件
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
♪かミクをクリック
プロフ

ポポストア&ミンス

Author:ポポストア&ミンス
深夜のテレビとラジオ・ゲームが好きです。
普段はポポストアですが、一部ミンス担当になります。

後、食べる事と料理を作ることも好き(・ω<)☆

一般的では無い、そんな奴です。


詳細はリンクのプロフにて

軌跡
このブログをリンクに追加する
JOLTのカウンター
見ても何も得せんよ?
分布表
見たい記事検索くん
有り難いコメント
9有る硬度
QRコード